【解説】パーキンソン病iPS治療実用化、慎重な対応を 期待の一方、拒絶反応など課題も

人のiPS細胞から作った細胞をパーキンソン病のサルの脳に移植した研究について説明する京都大の高橋淳教授=京都市
人のiPS細胞から作った細胞をパーキンソン病のサルの脳に移植した研究について説明する京都大の高橋淳教授=京都市【拡大】

 パーキンソン病は現在、薬物療法が中心で、減少した神経細胞そのものを、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を利用して補う京都大チームの手法は有望な治療法となる可能性がある。だがリスクや課題が指摘されており、今後の治験実施や実用化の際は慎重な対応が必要だ。

 国内のパーキンソン病の患者は推定約16万人。神経伝達物質のドーパミンを出す神経細胞が減るため、ドーパミンの元になる物質を投与する薬物療法が主流となっているが、病状が進行すると効きにくくなるとされる。

 京大チームの手法は、神経細胞に変化する細胞を、iPS細胞から作って移植するもので、根本的な治療法になると期待されている。

 ただ、移植には脳に針を刺して細胞を注入する外科手術が必要。サルを使った実験では、移植した細胞がうまく働くかどうかに個体差が見られた。チームは、移植を受ける患者本人とは違う他人のiPS細胞を使う計画で、拒絶反応も懸念される。臨床応用に当たっては有効性と安全性のさらなる検証が重要になる。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。