畳めるヘルメットが進化、非常食にブランド品 防災に役立つ製品いろいろ (1/3ページ)

上部を持ち上げ回転させて元に戻し薄くするトーヨーセフティーの「MOVO」
上部を持ち上げ回転させて元に戻し薄くするトーヨーセフティーの「MOVO」【拡大】

  • ダンボール製の簡易ヘルメット「かぶっと」
  • 河本総合防災は非常食で永谷園とコラボ
  • 1本の筒に懐中電灯、ラジオ、ポンチョなどが入った「MINIM+AID」

 台風や豪雨による風水害が頻繁に起こり、東日本大震災や熊本地震のような大型地震の発生も予想される日本では、災害への備えが集団でも個人でも必須となっている。7月に東京ビッグサイト(東京江東区)で開かれた展示会、第11回オフィス防災EXPOには、災害から従業員や地域住人の安全を守りたい企業・自治体、自分の身を守りたい個人に役立つ製品が並んでいた。

 地震で揺れる屋内外で、落下物から頭を守るために威力を発揮するのがヘルメット。従業員用に備えておく企業も増えているが、たいていのヘルメットは厚みのあるドーム型をしているため、保管場所に苦心しているところも少なくない。そうしたニーズに応えたものとして、オフィス防災EXPOで注目を集めていたのが“畳める”ヘルメットだ。

 厚さが8センチになるヘルメット

 左右から潰すと、厚さが8センチになるヘルメット「BLOOM」を以前から販売して来たトーヨーセフティー(兵庫県三木市)が、次にリリースしたのが「BLOOMII」。幅で20センチほどのものが潰すと4・5センチになるため、机の中やラックに書類などと並べて置いておけた。

 そのトーヨーセフティーは、畳むのではなく、ヘルメットの上部を持ち上げ回転させて元に戻すことで厚さを抑える新タイプの「MOVO(BLOOMIII)」を、今回のオフィス防災EXPOに出品した。「BLOOMII」程度の薄さにはならないが、強度は保たれるため、飛来物や落下物からの保護だけでなく、墜落時の保護でも国家検定に合格している。収納性に加え工事現場でも使える安全性で、より高い安心を求めるニーズを取り込んでいく。

火や水に耐えるよう加工された強化ダンボールのヘルメット

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。