【書評】『悪寒』伊岡瞬・著 単身赴任中に家族崩壊の悪夢


【拡大】

 大手製薬会社係長の藤井賢一は会社の不祥事の責任を取らされ、地方の関連会社に飛ばされる。常務の南田から早期の異動と本社のポストを約束され、妻、倫子ら家族を東京に置いての単身赴任。

 だが、その後、異動の話はなしのつぶて、家族ともギクシャクするなか、倫子が傷害致死事件で逮捕される。しかも、倫子が自宅で殺した相手は南田だった。留守宅に何が起こっていたのか…。

 やがて衝撃の真相が明らかになり、結末にも驚きの事実が待っている。

 壊れかけ、冷え切った家族にぬくもりが戻る日はやってくるのか。物語に引き込まれる。(1944円、集英社)

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。