「贅沢してない」食費でパンクする家庭 毎月12万円…歯止めなき消費の理由 (3/5ページ)

(プレジデント社)
(プレジデント社)【拡大】

 これらは食費の高い家庭に共通する特徴です。端的に言えば、食べることに関してまったく無計画なのです。ひとつひとつの食材や商品は、高額ではないでしょうが、食べたいものを今食べたいという衝動が強く、「次の機会にしよう」という歯止めが利きません。欲望のままにお金を使ってしまっているのです。このことは食費だけでなく日用品にも同じことが言えました。

 ▼「今食べたい=今欲しい=今買いたい」歯止めなき消費衝動

 そういったお金の使い方・考え方が家計全体に影響していて、全体的に支出が膨らみ、赤字家計になっていたのです。貯蓄は何とか210万円を維持しているものの、子どもの教育費や老後資金、その他のイレギュラーな支出への備えを考慮すると、40代としては心もとない金額です。

 どうやって食費を月5万円も削減したのか?

 そこで、なんとか食費を下げるため、2つの案を提案しました。

 ひとつは、現金主義にすること。現在はポイントを得る目的もあって、買い物はほとんどクレジットカードを利用していますが、支出の把握がしにくいので、暫定的な措置として現金払いに移行してもらうことにしました。

 ふたつめは、1週間単位で支出を管理していくこと。1週間分の食費の予算を決め、その金額をLさんが決める曜日に財布に入れて、1週間やりくりしていきます。毎週同じ予算で管理するので、お金が出ていくスピードも意識しやすいものです。

 いつもは週の半ばで半分くらい残金があるのに、今週は3000円しかないのなら、お金を使いすぎていると判断できます。1週間がたち、もしお金が残っていたらどこかにストックします。そして新たな1週間には、また決まった金額を入れてはじめます。赤字になってしまったときは、翌週から前借りします。前借りなので、翌週は減った金額でやりくりすることになります。

食費を週1万8000円に決めると劇的変化が

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。