おたふくかぜで2年間に難聴336人 耳鼻咽喉学会「ワクチン定期化を」 (2/2ページ)

 同学会の守本倫子(のりこ)乳幼児委員長は「『(おたふくは)自然にかかっておいた方がいい』という噂は間違っている。ワクチンの定期接種化を進め、難聴になって後から苦しむ人をなくしたい」と話していた。

 ◇用語解説

 おたふくかぜ

 ムンプスウイルスにより、耳下腺(耳の下の唾液腺)が腫れる感染症。両側の耳下腺が腫れると「おたふく」の面のようになるので、おたふくかぜといわれる。2~3週間の潜伏期間後に耳下腺が腫れ、痛みや熱を伴うことも多い。特効薬はなく鎮痛剤などの対症療法が中心。髄膜炎や脳炎などの合併症を起こす場合もある。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。