埼玉・長瀞のロウバイ 独自の香水に 東京のメーカー社長、原田さん「普段使いできる商品を」 (1/2ページ)

 埼玉県長瀞町の宝登山に咲くロウバイの花の香りの香水をつくった香水メーカーがある。四季の花の香りや和を連想させる独自ブランドの香水を製造し、インターネットで販売する「武蔵野ワークス」(東京都)。同社の原田知子社長(54)は「気負ったおしゃれの一環ではなく、普段使いできる商品を提供したい」と香水への思いを語る。

 欧米に比べると、日本ではなじみが薄い香水。国内製は少なく、大半が海外製だ。「湿気が多い日本の気候に合っていないと匂いが立ち上り、きつく感じてしまう」と原田さん。電車内などで周囲を気遣いながら、日頃から気軽に使える優しい香りを作るよう心掛けているという。

 フィールドワークは欠かせず、ロウバイの花の香りを求めて長瀞町の宝登山に足を運んだ。自社で調香した香水と実際の花の香りを比べ、より本物に近い香りにしていく作業に2、3年を費やした。

 珍しいロウバイの香水は透明のスプレー瓶(25ミリリットル)に詰められ、3600円(税込み)で販売している。ロウバイ好きの人がネットで探し当て、固定客になっているという。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。