【PM2・5】昨年度の神奈川県川崎市 全地点で基準値下回る 大気環境改善で初達成 (1/2ページ)

 神奈川県川崎市の大気環境の改善が進んでいる。市がまとめた平成28年度の大気環境調査では微小粒子状物質「PM2・5」の測定値が、市内全14カ所の測定地点で、国が定める基準値を下回った。全地点での達成は、2地点で測定を開始した22年度以降初めて。車の排ガスなどに含まれる二酸化窒素(NO2)濃度も2年連続で全地点が基準値を下回った。一方で光化学スモッグの原因となる光化学オキシダントは全地点が基準を上回るなど課題も残る。(外崎晃彦)

 PM2・5濃度の基準達成について市環境局は「工場や企業の環境対策や規制に適合するディーゼル車の導入が進んだため」と分析。その上で「高濃度になりやすい夏に雨が多かったことも一因」としている。

 ■今年度も達成期待

 測定地点は市内の主要道路沿線など14カ所。国の基準では、1年の平均値が15マイクログラム以下、1日の平均値が35マイクログラム以下(いずれも1立方メートルあたり)が、人体に望ましいとしている。

 基準達成は26年度が14カ所中2カ所、27年度は11カ所にとどまっていた。市大気環境課の中村弘造課長は「今夏も雨が多く、濃度は低い数値で推移している。29年度も達成が期待できそうだ」と話し、市内の大気環境は改善傾向という認識を示した。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。