かなり背伸びをした買い物だった… 「贅沢していない」のウラに隠された贅沢 (2/2ページ)


【拡大】

 もう1つ、一般家庭に比べて出費が多かったのが「食費」だ。妻がパートに出ている間、「子供がおなかをすかせてはかわいそう」という思いから、普段から菓子パンやインスタントラーメンなどをたくさん買い込んでいたという。これは、「週単位で食費を管理」する方法で買いすぎをセーブし、1万5000円も減らせた。

 また、夫の小遣いを見直すと同時に、これまでなかった妻のお小遣いを5000円に。というのも、妻はママ友との飲食代やパート仲間とのコーヒー代などを家計の財布から拝借していた。これでは使ったお金があいまいになり、出費が多くなってしまいがちになるからだ。

 こうして毎月プラス3万2000円、年間プラス38万4000円、家計の黒字化に成功。見直し前に比べて年間で114万円改善した。家計に無関心だった夫と将来について話ができたこと、さらに、自分のやりくりを見直せたことも大きな収穫だったという妻。今後の子供2人の教育費を考え、配偶者控除枠を超えて働くことを決意。現在、求職活動に励んでいる。

 横山光昭

 家計再生コンサルタント。マイエフピー代表取締役。庶民派FPとして1万人以上の赤字家計を再生。著書に『年収200万円からの貯金生活宣言』ほか。

 (家計再生コンサルタント、マイエフピー代表取締役、ファイナンシャルプランナー 横山 光昭 文=河合 起季 撮影=大沢尚芳)(PRESIDENT Online)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。