親になることで幸福感が損なわれる「親ペナルティ」 40歳からの子育てに覚悟はあるか (1/5ページ)

写真はイメージです(Getty Images)
写真はイメージです(Getty Images)【拡大】

 子育ては美しい話ばかりではない。社会的に責任を負い、何かと時間がなくなり……と、親になることで幸福感が損なわれる面もある。現代日本では少子高齢化が進んだ結果、30代後半や40代で初めての子どもを授かり、育てる男女も増えている。40代の子育ては、20代の子育てよりも幸せなのだろうか……?

 社会学に、「親ペナルティ」という言葉がある。子供を持つ夫婦と子供を持たない夫婦がそれぞれに感じる幸福度のギャップのことで、一般的に幸福度は「子供を持つことによって下がる」と言われる。

 この親ペナルティは、政府の子育て支援が薄い国では最大の傾向を見せ、特にアメリカで顕著なのだという。立命館大学教授・筒井淳也氏は「日本の公的な家族支出はOECD諸国でも最低レベルであり、アメリカに近い状態にあるとしてもおかしくはない」と論じている。(現代ビジネス「なぜ日本では『共働き社会』へのシフトがこんなにも進まないのか?」 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49532)

 日本の「親ペナルティ」は、先進国の中でもかなり大きいと推定されるのだ。

 一方で、日本では、共働き世帯が専業主婦世帯を上回ってマジョリティーとなっている。男女共同参画白書(平成27年版)によると、「男性雇用者(農林業を除く)と無業の妻(専業主婦)からなる世帯」が720万世帯、「雇用者(農林業を除く)の共働き世帯」が1077万世帯となっている。(参考:http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h27/zentai/html/zuhyo/zuhyo01-02-09.html)

 日本では「共働き化」が見られるにも関わらず、それをライフスタイルとして容易化する受け皿としての「共働き社会化」が進まないことが現代のホットな論点ではあるのだが、それは別の機会に譲ろう。この共働き化と並行する形で進んでいるのが、晩婚・晩産傾向だ。かつては女性の高齢出産とされた35歳での出産は、今では珍しくもなんともない。30代や40代の不妊治療を乗り越えて、念願の子供をもうけるカップルも大勢いる。

40代で負う親ペナルティは重くなる?

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。