【著者は語る】新たな「買う理由」を生み出すフレームワークを解説 (1/2ページ)

本田哲也氏
本田哲也氏【拡大】

 □ブルーカレント・ジャパン社長・CEO 本田哲也氏

 ■常識を変え、新たな「買う理由」を生み出す

 本書は、2009年に執筆した「戦略PR」(アスキー新書)の最新刊です。「なぜ、あの商品は急に話題になったのか」「どうすれば人の購買行動は変わるのか」、国内外の最新事例を交えながらそのフレームワークを解説させていただきました。

 「戦略PR」から8年がたち、今回執筆に至った背景には「情報環境の変化」と「グローバル視点」の2つがあります。情報環境の変化については、ソーシャルメディアの登場が大きく関係しています。それまで限られた時間に限られたメディアからしか取得できなかった情報が、自分の関心や好みで選別し、いつでも、どこでも入手できるようになりました。

 その結果、情報の発信者と受け手の関係が変わり、情報取得の自由度が飛躍的に変わりました。われわれの情報消費スタイルが変わったことで、広告やPRのあり方も変わってきたのです。

 一方のグローバル視点については、グローバライゼーションが進み海外との情報の垣根もなくなってきました。そのため、商品を開発したり情報を発信したりする際も、常にグローバル視点で考える必要が生まれたのです。

社会常識を変えたP&G「アリエール」