三流企業の会議が何も生まない理由 出席人数に資料まで…ここまで違う一流企業との差 (1/4ページ)

写真はイメージです(Getty Images)
写真はイメージです(Getty Images)【拡大】

  • 『図解モチベーション大百科』池田貴将著サンクチュアリ出版

 会議でなかなか意思決定が進まない、いいアイディアが湧いてこない--。その理由は、社員の「やる気」がないからではなく、「会議」の手法に問題があるのかもしれない。『図解 モチベーション大百科』(サンクチュアリ出版)の著者で、リーダーシップ・行動心理の研究者である池田貴将氏が、過去に行われた行動心理学実験や一流企業の事例を交えて「アイディアを最速で実行に移すための手法」を解説する。

 三流企業は会議をやったことで満足する

 一流企業は会議が終わってからが本番と考える

 会議でせっかくいいアイディアが出たのになかなか実行に移せない、そんなときは「期限」を設けることで達成率がぐんと上がるかもしれません。

 こんな実験をご紹介します。

 学生たちにアンケートに答えて提出してくれたら謝礼として5ドルを支払うと持ちかけました。

 半数には締め切りは5日後と伝え、半数には提出期限を設定しません。

 結果は、

 期限なしの場合、提出したのは25%

 期限ありの場合、提出したのは66%

 (参考 スタンフォード大学 心理学者エイモス・トベルスキーたちの実験)

 「いつまでに」という期限が設定されないと、「アンケートに答えるだけで謝礼がもらえる」のようなごく簡単なものでさえ人は動けないのです。

 集中力を保つためにも「期限」は大切です。

 専門的には「ピリオダイゼーション」といいます。

 この「ピリオダイゼーション」の手法を会議に取り入れているのがグーグルです。

 グーグルでは、会議の際に次の行動につながる宿題事項(アクションアイテム=AI)を重要視しています。

 「ミーティングの最後に必ず『じゃあ、AI!』と呼びかけ、「誰が何をいつまでにどうするか?」を確認するのです。

 もしあなたのチームメンバーがなかなか動いてくれない場合は、彼らのタスクリストをチェックしてみましょう。期限がしっかりとついているでしょうか?

 もしついていない場合、それがどれだけ素晴らしいアイディアだとしても、75%の確率で実行されない可能性があるのです。

 もし可能なら会議の終わりにホワイトボードに「アクションリスト」を書き出すといいでしょう。ミーティングの成果を可視化することにもつながります。

三流企業の会議は、発言しない出席者がたくさんいる

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。