三流企業の会議が何も生まない理由 出席人数に資料まで…ここまで違う一流企業との差 (3/4ページ)

写真はイメージです(Getty Images)
写真はイメージです(Getty Images)【拡大】

  • 『図解モチベーション大百科』池田貴将著サンクチュアリ出版

 三流企業は会議資料を作り込む

 一流企業は、資料作成に時間をかけない

 会議でなかなか意思決定が進まない場合、会議の準備自体に時間を掛けすぎている可能性があります。

 こんな実験があります。

 Aチームの被験者には、すぐに数学の問題を解いてもらいます。

 Bチームの被験者には、ペンの色、好みのTシャツ、大学の講座などの「選択」をさせた後に、数学の問題を解いてもらいます。

 すると、Bチームの方がミスが多く、あきらめも早いという結果となりました。

 (参考 ミネソタ大学 心理学者キャサリン・ボスの実験)

 つまり事前に考えすぎたり、分析をしすぎたりしてしまうと、行動力や思考力が鈍っていく傾向にあるということです。

 アマゾンでは、社内会議でのパワーポイントの使用を禁止し、6ページの意見書を採用しています。

 あくまでも、意思決定をするための場所が会議なのに、パワーポイントに資料をつくることや、理解することに消耗すると、意思決定が進まなくなってしまうからです。

 日本の企業でよく見かけるのが「資料を作成する」こと自体が目的になってしまっているケース。

 社内での会議は、あくまで生産性が最優先。

 無駄な装飾やアニメーションは効率を落とすだけ、と心得たほうが良いでしょう。

三流企業は会議室にこもる

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。