三流企業の会議が何も生まない理由 出席人数に資料まで…ここまで違う一流企業との差 (4/4ページ)

写真はイメージです(Getty Images)
写真はイメージです(Getty Images)【拡大】

  • 『図解モチベーション大百科』池田貴将著サンクチュアリ出版

 三流企業は会議室にこもる

 一流企業は会議室を飛び出す

 何か新しいアイディアを出したいと思ったとき、会議室にこもっているだけではなかなかいい発想が浮かんでこないかもしれません。

 こんな実験があります。

 被験者である学生たちに、「就職試験の面接で使える新商品」のアイディアを出してもらいます。

 Aパターンでは、学生たちに「三穴バインダー」のような常識的な例えを提示します。

 Bパターンでは、学生たちに「ローラースケート」のような非常識的な例えを提示します。

 するとBパターンのほうが、オリジナリティのあるユニークなアイディアが生まれやすくなりました。

 つまり、常識はずれな物事からはじめたほうが、独創的なアイディアが出やすいのです。

 フェィスブックCEOのマーク・ザッカーバーグ氏は、ウォーキングミーティングを取り入れていることで有名です。

 ウォーキングミーティングとは文字通り、会議室などの室内ではなく、歩きながら打ち合わせをすることです。

 歩くことで、凝り固まっていた思考がスッキリとし、新鮮なアイディアが浮かびやすくなるといいます。

 他にも、キャノン電子の立ったまま行う「立ち会議」、グリーの「体育座り会議」など、ユニークな会議スタイルを取り入れる企業が増えてきています。

 会議室で真剣に会議を行っていると、私たちの思考は同じ場所をぐるぐると回りがちです。

 もしなかなかいいアイディアが出ないときは「突飛な方法」を取り入れてみると、新しい発想が生まれるかもしれません。

 人を動かす「モチベーション」には、特定の法則があることが過去の実験などで証明されています。

 その法則を理解しているだけで、気まぐれなチームメイトも、ずぼらな自分も、頑固な上司もスムーズに動かすことができるようになるはずです。

 ぜひ、日々の仕事に取り入れてみてください。

 池田貴将(いけだ・たかまさ)

 株式会社オープンプラットフォーム代表取締役。リーダーシップ・行動心理学の研究者。早稲田大学卒。在学中に渡米し、世界No.1コーチと呼ばれるアンソニー・ロビンズ本人から直接指導を受け、そのノウハウを日本のビジネスシーンで活用しやすいものにアレンジ。感情と行動を生み出す心理学と、人間力を高める東洋哲学を統合した独自のメソッドが注目を浴び、そのセミナーはコンサルタントやビジネス作家などのプロも受講することで広く知られている

 (株式会社オープンプラットフォーム代表取締役 池田 貴将)(PRESIDENT Online)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。