「相談役・顧問」は必要か? 死ぬまで年収3千万円の“優雅な老後” (3/7ページ)

※写真はイメージです(Getty Images)
※写真はイメージです(Getty Images)【拡大】

 会社法では「相談役・顧問」は存在しない

 会社法では「相談役・顧問」という役職は存在しない。

 企業における最高意思決定機関は取締役会である。多くの企業では社長が「代表取締役」を務めている。また上場企業は有価証券報告書で取締役の氏名や報酬総額の開示を義務づけられている。

 しかし、取締役ではない相談役・顧問の役割や人数、ましてや報酬額などの処遇について多くの企業は開示していない。株主や投資家はもちろんのこと、自社の社員すら相談役・顧問が何をしているのかよくわからない存在となっている。

 その実態はどうなっているのか。

 昨年、経済産業省が東証一部と二部の上場企業2502社を対象に調査を行い、874社から回答を得ている。回答率は34.9%と高かった。回答を避けたい企業も多かったはずだ。経産省は回答率を上げるために財界や業界団体に事前の「根回し」をしたらしい。

 調査によると、約8割(約78%)の企業に相談役・顧問制度が存在し、現に相談役・顧問が在任中の企業は全体の6割(約62%)。そのうち社長・CEO経験者が相談役・顧問に就任している企業は約6割(約58%)に上っている。

 相談役の仕事内容を把握していない企業も少なくない

 では相談役・顧問は会社の中でどんな役割を担っているのだろうか。最も多かったのは「現経営陣への指示・指導」(約36%)、続いて「業界団体や財界での活動など、事業に関連する活動の実施」(約35%)、「顧客との取引関係の維持・拡大」(約27%)の順だった(複数選択)。 

車で送迎…「個室」「秘書」「社有車」の利用ができる

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。