「相談役・顧問」は必要か? 死ぬまで年収3千万円の“優雅な老後” (4/7ページ)

※写真はイメージです(Getty Images)
※写真はイメージです(Getty Images)【拡大】

 そのほかに「中長期(3年以上)の経営戦略・計画についての助言」(92社)、「年度単位の経営計画についての助言」(85社)などもあった。この設問に回答した企業676社だったので、1割程度の相談役・顧問は経営戦略にも関わっているようだ。

 このように、経営のサポート役、財界活動、顧客とのつきあいと大きく3つにわけることができるが、経営のサポート役といっても、取締役でもない人がどこまで口出ししているのかは不透明だ。

 中には「本社役員の人事案件についての助言」(39社)、「従業員や関係会社役員の人事案件についての助言」(29社)など人事権にも関与している人も存在する。人事にまで口を出しているとなると、越権行為と疑われてもしょうがないだろう。

 驚くのは役割を「把握していない」、あるいは「特になし」の企業が、合計で回答企業の17%(116社)もあることだ。

 会社の担当者ですら何をしているのかわからない、あるいは何もしていない人たちを置いている理由もさっぱりわからない、ということだ。

 「個室」「秘書」「社有車」の利用ができる

 処遇については報酬が支給されている企業が約80%。3点セットと言われる個室・秘書・社有車利用では「専用の個室が利用できる」(約50%)、「秘書・専門スタッフを利用できる」(約46%)が最も多い。「社有車を利用できる」企業は178社と全体では比較的少なかったが、それでもタクシーではなく、会社の車で送迎してもらっている人が結構いる。

会社丸抱えの「優雅な老後」への風当たり

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。