「動画依存症」にご注意を 自分の頭と言葉を使ってこそ増す説得力 (3/3ページ)

 今回、色々な企業の方のプレゼンから感じたのは、自分の言葉をもっている企業や人は圧倒的に強い、ということである。それも自然に自分の言葉を持ったということはあまりなく、借り物の考え方・言葉を意識的に排除してきたために自分の言葉をもつ文化ができたところが強い。 

 動画は万能感が漂っている。だからこそ、その万能ぶりに振り回されない工夫がどうしても必要なのだ。もう一度動画の内容を自分の言葉だけで説明してみる練習をするだけでも良いかもしれない。

 往々にして「既存の存在感がありそうなもの」に人は弱い。どうしても軽くなびく。自分の頭で考えたことこそが一番説得力がある、とのシンプルな事実を忘れやすい。

 自分の頭と言葉こそが最高の「武器」である。武器とは物騒な言葉で本当は差し控えたいし、「借り物感」がある。ぼくも自省せねば…。(安西洋之)

【プロフィル】安西洋之(あんざい ひろゆき)

安西洋之(あんざい ひろゆき)上智大学文学部仏文科卒業。日本の自動車メーカーに勤務後、独立。ミラノ在住。ビジネスプランナーとしてデザインから文化論まで全方位で活動。現在、ローカリゼーションマップのビジネス化を図っている。著書に『デザインの次に来るもの』『世界の伸びる中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』『ヨーロッパの目 日本の目 文化のリアリティを読み解く』 共著に『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか? 世界で売れる商品の異文化対応力』。ローカリゼーションマップのサイト(β版)フェイスブックのページ ブログ「さまざまなデザイン」 Twitterは@anzaih

ローカリゼーションマップとは?
異文化市場を短期間で理解するためのアプローチ。ビジネス企画を前進させるための異文化の分かり方だが、異文化の対象は海外市場に限らず国内市場も含まれる。