五輪後にくる大不況、どう乗り越える? 経済評論家がすすめる3つの秘策 (3/4ページ)

※写真はイメージです(Getty Images)
※写真はイメージです(Getty Images)【拡大】

 荻原さんが勧める貯蓄・投資法は下記のとおり。

 ▼荻原さんが勧める貯蓄・投資先ベスト5

 1. 社内預金・財形貯蓄

 給与天引きなので長続きしやすい。一般的な預貯金より金利がいいのもメリット。

 2. 自動積み立て

 金利が高くても、給与振込口座ではない場合、手間がかかって長続きしないことに注意!

 3. 「当たる」定期預金

 ローリスク・ハイリターンの「宝くじ付き定期預金」。当選発表まで「夢」も見られる。

 4. ふるさと納税

 限度額内なら何カ所にでも寄付できる。返礼品で食費などを賄え、家計節約になる。

 5. 信用金庫への出資

 地域の信用金庫への出資は高リターン。一般に配当は3~5%程度とかなり高い。

 現金を増やすための基本中の基本と考えるのは、積み立ての社内預金と財形貯蓄、自動積み立てだ。給与天引きや自動引き落としで面倒な手間をかけないことが続けるための極意。「継続は力なりってホント。貯金はコツコツ続けることが大切」。

「夢を買う」つもりで預ける定期預金