頭と胃が求めるものは通じ合う? 親しんでいるものが人生のコアに (3/3ページ)

 良く食べなれたものは、どんな環境であっても食べる気になる。ここに文化や伝統という言葉が人の心に入りやすい背景がある。また親しんでいるものが自分の人生のコアをつくっている、と考えやすい。

 よく耳にする目にするコンセプトからカタチに至るまで、外国にあるそれらが馴染んできたものに似ていれば、何気なく眺めるにほとんど抵抗はない。似ていないものをどれだけ受け入れるスペースがあるか。人が成長する第一の分岐点は、こちらにある。

 が、本当の成長は次にある。似ているとみえるもののディテールに差異をどれだけ見出せるか、である。「人は自分で見えるものしか(分かることしか)受け入れない」と言うが、似たものの細部が見えるのは、ある人にとっては注意深い観察の結果であり、ある人にとっては苦も無く向こうから目に飛び込んでくるものに過ぎない。

 この二つの差を嫌になるほど経験していくと、自らの頭の限度を胃の限界と同じように認識することになる。身体が語ることを軽くみてはいけない。(安西洋之)

【プロフィル】安西洋之(あんざい ひろゆき)

安西洋之(あんざい ひろゆき)上智大学文学部仏文科卒業。日本の自動車メーカーに勤務後、独立。ミラノ在住。ビジネスプランナーとしてデザインから文化論まで全方位で活動。現在、ローカリゼーションマップのビジネス化を図っている。著書に『デザインの次に来るもの』『世界の伸びる中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』『ヨーロッパの目 日本の目 文化のリアリティを読み解く』 共著に『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか? 世界で売れる商品の異文化対応力』。ローカリゼーションマップのサイト(β版)フェイスブックのページ ブログ「さまざまなデザイン」 Twitterは@anzaih

ローカリゼーションマップとは?
異文化市場を短期間で理解するためのアプローチ。ビジネス企画を前進させるための異文化の分かり方だが、異文化の対象は海外市場に限らず国内市場も含まれる。