ノーベル賞受賞者も動かすホワイト企業 「わけあり社員6割」で成り立つ方法 (2/5ページ)

※写真はイメージです(Getty Images)
※写真はイメージです(Getty Images)【拡大】

  • アップライジングの齋藤幸一社長

 社員第一、仰天の熱血経営

 (1)従業員の60%が「わけあり社員」

 日本の企業の障害者雇用率は毎年上がっているが、まだ1.92%(厚生労働省「平成28年障害者雇用状況の集計結果」)にとどまる。就労困難な社会的弱者を支援するNPO法人Future Dream Achievement(FDA)は障害者以外にも、ニート、引きこもり、高齢者、LGBT、アルコールや薬物中毒者、外国人など、30種類の就労困難者をカテゴライズして「30大雇用」と定義している。一般企業ではマイノリティだが、「うちは従業員の60%が30大雇用の人たちです」と齋藤社長は言う。施設外就労の障害者12人を含めると、従業員62人のうち67%にあたる42人が“わけあり社員”ということになる(2017年8月1日現在)。

 そうした“わけあり社員”は、多くが複雑な過去を背負っている。DVを受け児童養護施設で育った青年。若年者支援機構から紹介された引きこもり。薬物中毒更生施設ダルクの出身者。経営する板金店が倒産し、うつ病になり家族と別れ自殺まで考えた中年男性。79歳と78歳のシニア社員。自閉症スペクトラムの知的障害者。視覚障害4級ながら、同社のファンになり入社を熱望した女性。就労はかなり困難だとされる障害1級もいる。さらに、ベトナム人の技能実習生……。

 ふつうなら、なかなか働き口が見つからないような人たちが、ともに働いている。能力的に仕事ができないようであっても、彼らにできることを根気強く探り出し、仕事を教え、役目を与えてきた。

 彼らを動機付け、精神面で支えるのは、専務である妻の奈津美さんの役目だ。引きこもりの青年を採用したときは、これまでどんな生い立ちだったか、今どんな気持ちかをまず聞いた。青年は「人に感謝できることなんてない」と、かたくなに心を閉ざしていたが、時間をかけて耳を傾けると、「前の職場で上司から理不尽に怒られたときに、身代わりになってかばってくれた先輩がいて、その人には感謝しています」とぽつり。まだ希望はあった。「なんとかしてこの子の面倒を見なくてはならないと思いました」(奈津美さん)。

家族以上に支える