イシグロ氏横顔 ディランに憧れミュージシャン夢見る 日本語会話できない?

最新作「忘れられた巨人」にサインするカズオ・イシグロ氏=2015年3月、ロンドン(ゲッティ=共同)
最新作「忘れられた巨人」にサインするカズオ・イシグロ氏=2015年3月、ロンドン(ゲッティ=共同)【拡大】

 最初の長編「遠い山なみの光」、第2作「浮世の画家」の舞台に日本を選び、作家人生をスタート。以後は英国、東欧の想像の町、上海と舞台を変えた。しかし共通して、普遍的な人間の「現実認識と過去の記憶との葛藤」を描くものだと評される。

 5歳で渡英後、英語で教育を受け、英国の大学に進んだ。大学時代は、くしくも昨年のノーベル文学賞受賞者である米シンガー・ソングライター、ボブ・ディラン氏に憧れてミュージシャンを夢見ていた。

 世に出した長編小説のうち、失われつつある伝統的な英国を描いた第3作の「日の名残り」が1989年、英文学賞の最高峰ブッカー賞を受賞するなど、確固たる地位を築いてきた。

 作品は多くの言語に翻訳されており、国際的な評価も高い。作家、村上春樹氏も英紙のインタビューで、最も好きな作家の一人としてイシグロ氏の名前を挙げている。日本語は平仮名が読める程度で、会話はほとんどできないとされる。執筆は「家で9時から5時半まで規則正しく」行うとインタビューに答えている。(共同)

イシグロ氏に世界から称賛の声 中国ハルキストは落胆 「村上に不満でもあるのか」

イシグロ氏、もう一つの故郷が原動力 「いつか帰国するかもと思い生きてきた」

イシグロ氏、来日時にルーツ再確認 村上春樹さんとは互いにファン公言

新たな「レンズ」通し「記憶」と向きあう 「忘れられた巨人」著者 カズオ・イシグロさん

【書評】『忘れられた巨人』カズオ・イシグロ著、土屋政雄訳

ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏

今、あなたにオススメ
Recommended by