文芸春秋社長が文庫本貸し出し中止を要請、全国図書館大会で異例の訴え

全国図書館大会で文庫の低迷状況を説明する文芸春秋の松井清人社長=13日、東京都渋谷区
全国図書館大会で文庫の低迷状況を説明する文芸春秋の松井清人社長=13日、東京都渋谷区【拡大】

 文芸春秋の松井清人(きよんど)社長が13日、東京都内で開かれた全国図書館大会で「図書館で文庫を貸し出すのはやめてください」と呼びかける一幕があった。深刻化する出版不況下での異例の訴えは論議を呼びそうだ。

 出版業界主催の分科会で登壇した松井社長は、同社では収益全体の30%強を占める文庫本が最大の収益源であることを明かした上で、近年、廉価な文庫本も積極的に貸し出す図書館が増えている例を挙げ、売り上げに「少なからぬ影響がある」と指摘。「版元の疲弊に歯止めをかけるのは文庫が生む利益。販売低迷は作家にとっても命取りになりかねない」「(読者に)せめて文庫くらいは自分で買おうという習慣ができるのが重要」と理解を求めた。

 出版科学研究所によると、昨年の文庫本の推定販売金額は1069億円。3年連続で6%台の大幅減となり市場はピークの約7割に縮んだ。