「ひとり親」に寄り添う応援サイト SOSをキャッチ 食品も激安で提供 (1/3ページ)

 「家族」という言葉から、一体何を想像するだろうか? お父さんがいて、お母さんがいて、お子さんがいて、そんな姿を想像するかも知れない。しかし全ての「家族」がその形態とは限らない。世の中には本人が望まずして、離婚、死別等の事情により「ひとり親」として子供を育てる必要がある場合もある。

 厚生労働省が2011年度に行った「全国母子世帯等調査結果報告」によると、11年の母子家庭の世帯数は約123万8000世帯、父子家庭は約22万3000世帯。この数字は全体の10世帯に1世帯は「ひとり親家庭」ということを意味している。また「ひとり親家庭」の約85%が母子家庭である。

 では、母子家庭を悩ませている問題は何であろうか? 収入が最も大きな問題になってくるようだ。子供を十分に育てていけるだけの収入を得るための仕事、そして同時に子供の世話をする時間、そしてそれらを得るための的確な情報の不足だ。では、いざ「ひとり親」になってしまったその時、何をしたらよいのだろう?

▽シングルファミリーを徹底的にサポートするハートフルバンク

 ハートフルバンクは、一般社団法人ハートフルファミリー(本社・東京)が運営するシングルファミリー応援情報サイトだ。自らもシングルマザーである当団体理事の西田真弓さんに、このサイトについて話してもらった。

24時間態勢で相談に対応『シングルファミリーほっとLINE』