超大型台風21号、23日未明から明け方に上陸か 衆院選投開票にも影響  (1/2ページ)

超大型の台風21号をとらえた静止気象衛星ひまわりの画像。前線の影響もあり北海道から九州まで雲に覆われている=22日正午(気象庁提供)
超大型の台風21号をとらえた静止気象衛星ひまわりの画像。前線の影響もあり北海道から九州まで雲に覆われている=22日正午(気象庁提供)【拡大】

  • 台風21号の影響で、大波が打ち寄せる和歌山県白浜町の千畳敷=22日午前11時41分

 衆院選投開票の22日に列島へ接近している超大型で非常に強い台風21号について、気象庁は22日、23日未明から明け方にかけて東海地方付近に上陸する見通しを明らかにした。超大型の大きさを保っており、総雨量が増加するため東海地方では24時間に最大600ミリの雨量が予想される。同日夜にかけて広い範囲で暴風雨となる見込みで、衆院選の投票率や投開票の作業にも影響が出そうだ。

 気象庁によると、台風21号は日本の南海上を北上しており、22日夜には紀伊半島に接近し、23日明け方にかけて愛知県から静岡県にかけての東海地方付近に上陸する可能性がある。

 海面水温の高い海域を抜けたため若干勢力を弱めているが、最大風速40メートルの強い勢力と大型の強風域を保ったまま上陸するとみられる。24日午前には北海道の東で温帯低気圧に変わる見通し。

 台風接近に伴い停滞前線が活発化しており、全国的に大荒れとなっている。すでに和歌山県新宮市では22日午前3時までの24時間に373ミリを観測。同県や三重県、鹿児島県で朝までに200ミリ以上の雨が降った。同日夜には暴風への警戒も必要。また東海から関東にかけては高潮への警戒も必要だ。

東海で最大600ミリ予想