JR東が在来9線で23日に間引き運転 東海道、京浜東北など 台風21号接近で

台風21号の影響で線路が曲がった南海本線の男里川にかかる橋=22日午後8時20分、大阪府泉南市(永田直也撮影)
台風21号の影響で線路が曲がった南海本線の男里川にかかる橋=22日午後8時20分、大阪府泉南市(永田直也撮影)【拡大】

 JR東日本は22日、台風21号の影響で、在来9線で本数を減らす間引き運転をすると発表した。

 間引き運転をするのは、東海道線▽京浜東北線▽横須賀線▽中央・総武各駅停車▽総武快速線▽総武本線▽京葉線▽内房線▽外房線▽成田線-の9線。台風の状況によって始発から運転を見合わせる場合があるとしている。

 また、運転を見合わせるのは、上越線が渋川~水上駅間の上下線で始発から午前9時ごろ▽吾妻線が渋川~大前駅間の上下線で始発から午前9時ごろ▽湘南新宿ラインが始発から正午ごろ▽「おはようライナー新宿22号・24号・26号」が全区間▽「中央ライナー2号・4号」が全区間▽「青梅ライナー(東京行き)」が全区間-でそれぞれ運休する。

 上野東京ラインは始発から正午ごろまで直通運転を中止する。

 JR東海は静岡、愛知、三重、岐阜の4県で同社が管轄する在来線について、23日の始発から上下で運転を見合わせると発表した。