また来た台風22号、28日に沖縄へ接近 日曜日には太平洋側で大雨も

 台風22号は27日、沖縄の南の海上を北寄りに進んだ。28日は沖縄・奄美に接近し、29日から30日にかけ、九州から本州の南海上を東に進む見通し。前線や台風の雨雲で、太平洋側は大雨に警戒が必要だ。

 気象庁によると、台風は少しずつ勢力を強めながら北上し、沖縄接近時には風速25メートル以上の暴風域が発生するとみられる。九州の南に接近して東に向きを変え、30日午前には日本の東に抜けて温帯低気圧になる見込み。

 台風が日本の南にある前線を刺激するため、太平洋側を中心に東日本以西の広い範囲で28日から雨になり、29日には台風の接近に伴って局地的に非常に激しい雨になる可能性もある。

 28日午後6時までの24時間予想雨量は、いずれも多いところで奄美250ミリ、沖縄200ミリ、九州南部180ミリ。

 台風22号は27日午後3時現在、沖縄の南を時速約20キロで北西へ進んだ。中心の気圧は990ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。

今、あなたにオススメ
Recommended by