九州 えびの高原噴火レベル1に 新燃岳は警戒範囲縮小

 気象庁は31日、宮崎、鹿児島両県にまたがる霧島連山・えびの高原(硫黄山)周辺の噴火警戒レベルを、2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)へ引き下げた。約6年ぶりに噴火した両県境の霧島連山・新燃岳(1421メートル)では、警戒レベル3(入山規制)を維持した上で、火口から半径約3キロとしていた警戒範囲を約2キロに縮小した。

 鹿児島地方気象台によると、えびの高原では8月以降、地殻変動が停滞。噴気も落ち着いており、火山活動が低下したと判断した。

 10月11日に噴火した新燃岳では同17日を最後に、噴火を観測していない。火山ガスの放出量も減っているという。だが火山活動は、やや高まった状態で継続。宮崎地方気象台は、火山灰や噴石などに注意するよう引き続き呼び掛けている。

 新燃岳での警戒範囲縮小を受け、鹿児島県は火口から約2~3キロ圏の登山道規制を解除した。麓の霧島市によると、この圏内にある二つの宿泊施設は、営業再開を検討するという。

今、あなたにオススメ
Recommended by