改憲をテーマに百地章氏が講演 早大で15日

 早稲田大学の政治サークル、国策研究会が15日、国士舘大特任教授の百地(ももち)章氏を招き、講演会「憲法改正実現に向けて」を開催する。

 百地氏は、テロや災害時の秩序維持を目的とする「緊急事態条項」の追加と、9条への自衛隊の存在明記を中心に、憲法改正の論点について講演する。

 同会は「先の衆院選でも、改憲派議員が改正発議に必要な3分の2を超えた。憲法改正が現実味を増すなか、具体的な内容を考えるきっかけになれば」と参加を呼びかける。

 同大学で午後6時半から。入場無料。問い合わせは同会の電子メール(wkokusakuken@gmail.com)