「僕もお金を稼ぎたい」44歳、ひきこもり27年目の逆襲 後編・待ったなしのサバイバルプラン (1/5ページ)

※写真はイメージです(Getty Images)
※写真はイメージです(Getty Images)【拡大】

 自分の老後に不安を覚えた44歳の長男。ひきこもり生活27年目にして、ようやく「前」を向き始めたが、自身は精神疾患の疑いがあり、父は70歳、母は68歳の年金暮らし。貯金も乏しい。まさに待ったなし。長男の老後について、ファイナンシャルプランナーが立てた「サバイバルプラン」の内容とは--。

 親は年金生活。貯金500万円。44歳のひきこもりの老後計画

 「私たちが死んだあと、息子はどうしたらいいのでしょうか」

 埼玉県在住のIさん(70歳)から“SOS”が入りました。ひとりっ子の長男は現在44歳。高校2年の時に「勉強についていけなくなった」と留年・中退し、そのままひきこもりになってしまいました。その生活もすでに27年目です。

 長男には精神疾患の疑いもありますが、最近は自らの「老後」を考え、就労支援の仕組みを知ろうとするなど、人生に前向きな姿勢を見せています。ただ、Iさんも奥さん(68歳)もすでに年金暮らし。しかも、一家の貯金は500万円だけだといいます。

 長男の「サバイバルプラン」を立てるには待ったなしの状況です。さっそく、家族全員で将来のお金の見通しを確認することにしました。

 ▼長男が86歳まで生きたとして試算すると

 家族と話し合った結果、平均余命をもとに年齢は以下のように設定しました。

 父(Iさん):現在70歳。86歳まで存命として

 母:現在68歳。90歳まで存命として

 長男:現在44歳。86歳まで存命として

 お母さんが90歳になったとき長男は66歳。ここから長男のひとり暮らしが始まるものとして、長男の収入、支出、66歳から86歳までの20年間の生活費を試算し、「不足額」を計算してみました。

 【長男の収入】

 長男の収入は65歳から支給される公的年金(老齢基礎年金)のみ

 老齢基礎年金:年額78万円

 ※60歳まで国民年金保険料を納めているものとしています

 【長男の支出】

 長男のひとり暮らしの支出は、話し合いの結果以下のようにしました。

 生活費:月額10万円

 家賃など:月額4万5000円

 年額:174万円

 【生活費の不足額 66歳から68歳までの20年間】

 (収入78万円-支出174万円)×20年=1920万円

 ざっくりした計算ですが、長男には1920万円のお金を残してあげる必要がありそうです。

家族の支出の確認