サントリー学芸賞に伊藤公一朗さん「データ分析の力」など

 サントリー文化財団は9日、第39回サントリー学芸賞の受賞者を発表した。賞金各200万円。贈呈式は12月11日、東京都内で開かれる。部門別の受賞者と作品は次の通り(敬称略)。

 【政治・経済】伊藤公一朗「データ分析の力」(光文社)、宮下雄一郎「フランス再興と国際秩序の構想」(勁草書房)【芸術・文学】加藤耕一「時がつくる建築」(東京大学出版会)、金子遊「映像の境域」(森話社)【社会・風俗】遠藤正敬「戸籍と無戸籍」(人文書院)、福間良明「『働く青年』と教養の戦後史」(筑摩書房)【思想・歴史】左地亮子「現代フランスを生きるジプシー」(世界思想社)、前田亮介「全国政治の始動」(東京大学出版会)

今、あなたにオススメ
Recommended by