食品サンプル あなたも作ってみませんか? うまくできなくても女性店長がフォロー

元祖食品サンプル屋東京スカイツリータウン・ソラマチ店に飾られたさまざまな丼の食品サンプル=墨田区
元祖食品サンプル屋東京スカイツリータウン・ソラマチ店に飾られたさまざまな丼の食品サンプル=墨田区【拡大】

  • 食品サンプル作りの手本を見せる、元祖食品サンプル屋合羽橋店の千葉麻子店長=台東区

 本来はレストランなどの店頭に飾られているメニューの見本、食品サンプル。それをストラップとして持ち歩いたり、自分で作ったりしたい人向けの専門店が人気を集めている。

 東京スカイツリー直下にある商業施設に、7月に改装オープンした「元祖食品サンプル屋東京スカイツリータウン・ソラマチ店」(墨田区)。昭和7年創業の食品サンプル最大手「岩崎」が運営する。

 店頭にディスプレーされた数々の丼や、壁一面の鉄板焼きなど、本物と見まがう“料理”を目当てに集まった訪日客らが珍しそうにカメラを向ける。

 「プレミアム商品」のコーナーで、風呂に見立てたシチューに、ニンジンのペアが“入浴”する創作系の商品に目が留まった。結婚する友人へのプレゼントとして購入する人もいたという。

 食品サンプルは大正時代の発明とされ、当時は百貨店の集客の目玉だった食堂の流行とともに広まったとされる。材質は、かつては、ろう。今では耐久性のある合成樹脂に変わったが、一点一点が職人の手作りなのは変わらない。

 「元祖-」の合羽橋店(台東区)が開催する製作体験会では、職人気分を味わえる。昔ながらのろうを使って作るのは天ぷら2個とレタス1個。約60度で沸騰状態のろうを約42度のお湯に垂らし、手で形作っていく。たとえうまくできなくても、千葉麻子店長は「正解はありませんので」と慰めてくれる。