大麦に使いやすい商品登場 腸内改善、ダイエットで人気 (3/3ページ)


【拡大】

  • ローソンに並ぶ「鶏ささみと6種野菜のもち麦スープ」=東京都品川区

 ■「サラダチキン」も拡大 新商品が相次ぎ登場

 健康志向の高まりで、高タンパク質で低カロリーな食材である鶏のむね肉を軟らかく加工した「サラダチキン」の新商品が相次いで登場している。

 伊藤ハムは、サラダチキンのシリーズの5種類目「ゆず胡椒」を9月に発売。平成27年6月にシリーズの販売を始め、最近の売上高は昨年の約2・5倍に伸びた。担当者は「パスタやサンドイッチにも使われている。飽きられないように味付けを増やしている」と話す。

 日本ハムは包丁で切る手間が要らない切り落としタイプの商品を8月に発売し、丸大食品も今月に同タイプの商品を追加投入して種類を充実させる。

 フィットネスクラブ運営会社「RIZAP(ライザップ)」が監修した新商品を8月に発売したのはファミリーマート。運動中でも食べやすいスティック形で、担当者は「ダイエットに関心のある若い男女が購入している」と話す。