リクルートを辞め移住 「家族4人月20万で幸せ」田舎暮らしの魅力 (1/4ページ)

念願のお店をオープンさせて幸せ一杯の平野圭さんと妻の香織さん。
念願のお店をオープンさせて幸せ一杯の平野圭さんと妻の香織さん。【拡大】

 リクルートを辞め、家族で移住

 福岡県糸島市は、今、移住先として人気急上昇中の町である。福岡市に隣接し、九州一の繁華街・天神から電車で約30分。その一方で、海あり山ありと自然豊かで、農産物も豊富だ。特に糸島産の野菜はブランドになっている。市の積極的な移住政策も後押しして、人口は2014年度から転入増に転じた。

 ▼福岡県糸島市 TOWN DATA

 1人当たり課税対象所得●274.7万円

 総人口●98,435人

 待機児童数●0人

 小売店数●654店

 一般診療所数●78カ所

 そんな糸島産の旬の野菜をメーンにしたランチバイキングの店「ダンザパデーラ」のオーナーシェフ、平野圭さんも移住者の1人。11年3月にリクルートを辞め、翌月に東京から家族で移り住み、16年4月1日に今の店をオープンした。

 約10年勤めた同社では、主に旅行雑誌の編集に携わった。数多くの部下を持ち、仕事は充実していた。しかし、満員電車に揺られ、終電で帰る東京での暮らしに疑問を感じ出した。そうしたなか、仕事を通じ多くの飲食店オーナーやシェフの話を聞き、料理の面白さ、奥深さに魅了されていく。

 「雑誌づくりも料理もクリエーティブな仕事なのですが、料理の世界は仕事に対する評価や反応が雑誌に比べてダイレクトで早い。そして、田舎で料理を仕事にできないかと考え始めました」と平野さんはいう。その思いを同じ会社で働いていた妻の香織さんに伝えると、すぐに賛成してくれたそうだ。

月給12万円で2年間の修行生活