女性6割、乳がんでも働く 夫の3割は治療優先要望

 「もし乳がんになっても仕事を続けたい」と望んでいる女性は61.2%に上ることが民間の調査で分かった。一方で、妻が乳がんになった場合、「仕事を続けて欲しい」と考える男性は22.4%にとどまり、仕事を続けたい女性と治療を優先してほしいと望む男性との意識の差が明らかになった。

 調査は損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険が9月、20~50代の既婚男女1100人にインターネットで実施し、1064人が回答。現状で仕事をしているかどうかは不問とした。

 「乳がんになっても仕事を続けたい」とした女性は29.4%、「どちらかといえば続けたい」は31.8%。男性では「配偶者に乳がんになっても仕事を続けてほしい」と「どちらかといえば続けてほしい」が計22.4%で反対に「続けてほしくない」「どちらかといえば続けてほしくない」は計31.4%だった。

 自分や配偶者が乳がんになり最も不安なことは「治療費や生活費などの金銭面」(男性41.8%、女性50.6%)が男女ともに最多。次は「今まで通り家事、育児ができるか」(男性25.8%、女性27.6%)。

 乳がんへの関心が高くなるのは男女ともに「芸能人や著名人が乳がんを公表した時」が最多だった。乳がんは女性が発症するがんで最も多く、発症は30代から増え、40代後半~50代前半にピークを迎える。