その日からラクになる 他人に振り回されないための“8つの習慣” (1/5ページ)

 ストレスや不安に強くなるためには何が必要か。重要なことは「他人に振り回されない」ということです。「ニューズウィーク日本版」の「世界が尊敬する日本人100人」にも選出された僧侶の枡野俊明氏は、誰でも実行可能な「8つの習慣」によって、他人に振り回されることが減ると説きます。「禅の教え」を日常生活に採り入れる方法とは--。

 「相手には相手の価値観がある」と知る

 「禅の庭」をつくるときには「山是山、水是水(やまはこれやま、みずはこれみず)」という禅語を思い出します。意味は、山は山として本分をまっとうし、水は水として本分をまっとうすることにより、自然のなかで共存するということです。これを人の社会にあてはめるなら、自分には自分の価値観があるように相手には相手の価値観があり、相手を受け容れることによって、イライラや不安を感じることが少なくなっていきます。

※写真はイメージです(Getty Images)

※写真はイメージです(Getty Images)

 禅の教えを体得することにより、人は苦手な相手ともうまく付き合えるようになりますし、誰とでも心地よい距離感を保つことができるようになります。そのことについては、私の新しい著作『近すぎず、遠すぎず。 他人に振り回されない人付き合いの極意』(KADOKAWA)にまとめました。ここでは著作の中から、自然と心が強くなる8つの習慣をご紹介しましょう。いずれも禅の教えをもとにしたものです。

「いま」という瞬間を大切にする