岡村孝子さんインタビュー 喀血し倒れる父を腕で受け止め看取り 「ありがとう」が別れの言葉に (1/3ページ)

シンガー・ソングライター、岡村孝子さん
シンガー・ソングライター、岡村孝子さん【拡大】

 「夢をあきらめないで」などの曲で知られるシンガー・ソングライター、岡村孝子さん(55)は平成20年1月の早朝、大量の喀血(かっけつ)をして倒れ込む父の秀夫さんを、その腕で受け止めるという壮絶な看取(みと)りの体験をした。秀夫さんは末期の肺がん、75歳だった。岡村さんに父との別れやがん告知について聞いた。

 ◆あの日に戻れたら

 秀夫さんに肺がんが見つかったのは、亡くなる2年前のことだった。医師は家族に「進行がんで、もはや手術はできない状態です。残念ですが、恐らく年は越せないと思います」と告げた。家族は話し合って、秀夫さんに余命のことは伏せて、「必ず良くなるから抗がん剤治療を頑張ろう」と励ました。

 「父は前向きな性格なので、がんでも治るなら間違いなく頑張れると思ったのですが、半面、治らないと分かると絶望するのではないかと心配したんです」

 がんに限らず、「もう治らない」ことを告知するのは難しい。「大丈夫だから、正直に教えてください」と医師に頼み込み、医師も大丈夫だろうと判断して正直に伝えると、とたんに落ち込んでしまった、などという例は枚挙にいとまがない。