新型車両にファンら殺到 スーパーあずさ、長野・松本で出発式

「スーパーあずさ」の新型車両E353系の出発式であいさつする女優の清水くるみさん=23日、長野県松本市のJR松本駅(三宅真太郎撮影)
「スーパーあずさ」の新型車両E353系の出発式であいさつする女優の清水くるみさん=23日、長野県松本市のJR松本駅(三宅真太郎撮影)【拡大】

  • 出発合図を送る女優の清水くるみさん(中央)、松本市の菅谷昭市長(右)ら=23日朝、JR松本駅(三宅真太郎撮影)

 24年ぶりに登場したJR中央線の特急「スーパーあずさ」の新型車両「E353系」が23日、運行を開始した。長野県松本市のJR松本駅では上り一番列車に合わせた出発式が行われ、乗客や鉄道ファンらが門出を祝った。

 出発式には、松本を舞台にした映画「orange-オレンジ-」の村坂あずさ役の女優、清水くるみさんが一日駅長として参加。JR関係者らとテープカットを行った後、午前6時51分のスーパーあずさ4号の発車に合わせて、菅谷昭市長らとともに出発合図を送った。

 新型車両は、空気ばねなどが搭載され、乗り心地は現行車両より大幅に向上。車体デザインは、南アルプスの雪色や松本城の青みがかった漆黒を表現した。

 この日からスーパーあずさの1日8往復のうち4往復を走る。来年3月17日のダイヤ改正に伴い、従来の車両はすべてE353系に切り替わるという。