北日本や北陸で猛吹雪の恐れ 気象庁が警戒呼びかけ

 低気圧や寒気の影響で25日から27日ごろにかけて冬型の気圧配置となり、北日本や北陸を中心に雪を伴った強風や猛吹雪となる恐れがあるとして、気象庁は24日、暴風雪や高波に警戒を呼び掛けた。大雪や雪崩にも注意を求めている。

 気象庁によると、日本海と三陸沖を進む二つの低気圧が、25日夜にオホーツク海で一つになって発達。26日以降は北日本の上空約5千メートルに氷点下36度以下の寒気も流れ込み、27日ごろにかけて強い冬型の気圧配置が続くとみられる。

 このため、北日本と北陸を中心に25日は雪や雨を伴った非常に強い風となり、26日からは北日本を中心に猛吹雪となるところがある。日本海側では大雪が続く一方、低気圧に向かって南から暖かい空気が入り込むことで日中の気温が上がって雪が解け、雪崩が起きる危険がある。雪の吹きだまりなどにより、交通に障害が出る可能性もある。海上は大しけとなる。