がん患者の魂に耳傾け「患者さんの話は贈り物」…米国で学んだ僧侶「チャプレン」、病院で緩和ケア携わる (1/3ページ)

がん患者の浜田さん(右)が塗り絵を楽しむ様子を見守る稲荷山武田病院のチャプレン、笠原さん=京都市伏見区
がん患者の浜田さん(右)が塗り絵を楽しむ様子を見守る稲荷山武田病院のチャプレン、笠原さん=京都市伏見区【拡大】

 死と向き合うがん患者らに寄り添う宗教者「チャプレン」になるために、キリスト教の聖職者に交じって米国で学んだ僧侶が、稲荷山武田病院(京都市伏見区)で働いている。滋賀県長浜市の持専寺住職、笠原俊典さん(50)。宗教とかかわりのない一般の緩和ケア病棟で、僧侶が雇用されるのは異例だ。チームに溶け込みつつ、医療者とは違った視点で患者や家族の苦しみを拾い上げている。(小野木康雄)

 ある日、笠原さんは風景画の塗り絵を楽しむ入院患者、浜田勝利さん(49)の隣にいた。4年前にステージIIIBの肺がんと診断された浜田さんは、脊髄が腫瘍に圧迫され、歩けなくなって7月に入院。手にも忍び寄るまひに抵抗しようと、大人向けの塗り絵を始めた。

 「お坊さんと紹介されたけど、僕はお坊さんとしてみていない。取っつきやすくて、いい話し相手」。笠原さんについて、浜田さんはそう話す。

 笠原さんは、1日5~6時間も塗り絵に熱中する浜田さんの姿に心を打たれ、9月に京都市内で開かれた高齢者福祉のイベントに作品を出展。段取りを整えたり、浜田さんに付き添って会場まで出かけたりした。

 仏教の話を必ずするわけでもない。「つらさや苦しみから抜け出すための伴走者」と自らの役割を位置付ける。