「下唇の厚い人」は企業経営に向いている 成功する人に共通する人相 (1/4ページ)

 成功する人に共通する性格はあるのか。性格は「顔」に出るともいう。そこで日本を代表する7人の有名経営者について、「日本でただ1人のインストラクター」という人相診断の第一人者に診断を依頼した。その結果とは--。

 ※本稿は、雑誌「プレジデント」(2017年3月20日号)の掲載記事「性格は顔に出る 経営者の人相診断」を再編集したものです。

 耳の位置が低い人は、理想や志が高い

 「有名社長の性格診断をしたい」という依頼が編集部から来た。しばし考えて閃いたのが「顔」である。顔こそ世界に2つとないその人のオリジナルだし、「性格は顔に出る」とよく言われる。そこで米国で発達した人相学や観相学を科学的に研究する「パーソノロジー(人相科学)」の日本における第一人者、石丸賢一氏を取材した。

(左)ソフトバンクグループ社長 孫 正義氏●丸い鼻先は新しい情報に敏感(中)楽天社長 三木谷浩史氏●丸顔は根拠のない自信を持つ(右)ファーストリテイリング社長 柳井 正氏●山形の眉は企画力の才能がある(AFLO、時事通信フォト=写真)

(左)ソフトバンクグループ社長 孫 正義氏●丸い鼻先は新しい情報に敏感(中)楽天社長 三木谷浩史氏●丸顔は根拠のない自信を持つ(右)ファーストリテイリング社長 柳井 正氏●山形の眉は企画力の才能がある(AFLO、時事通信フォト=写真)

 まず机の上に、ソフトバンクグループの孫正義社長、楽天の三木谷浩史社長、ファーストリテイリングの柳井正社長、ルノー・日産のカルロス・ゴーンCEOといったお馴染みの社長の顔をずらり並べてから「この方々は事業で大成する顔をお持ちですか」と質問してみた。

 「仕事で大成するかどうかは耳の位置が重要です。耳の位置が低い人は理想や志が高い。しかも強烈な感情でやり抜きます。ここに並んだ名経営者の方々はすべて顔の下のほうに耳があります」と石丸氏。そう言われてみれば、確かにそんな気がする。

 「それからもう1つ、彼らは皆、頭を上から見たとき、額の横幅より後頭部の幅が広い。そういう人は行動力に優れている。掲げた理想を行動に移すのが後ろ側の脳だからです。この2つのバランスがいい人は、高い理想を長期にわたって一歩一歩、着実に実行に移します」(石丸氏)

下唇の厚い人は、企業経営に向いている