【書評】『習近平の悲劇』矢板明夫著 国内では権力闘争、国外では世界から反発 (1/2ページ)

『習近平の悲劇』矢板明夫著
『習近平の悲劇』矢板明夫著【拡大】

 この本は単なる習近平論ではない。過去のカリスマ指導者と比較して実力・実績において劣る「習近平」を、かつての毛沢東やトウ小平のように持ち上げようとする、中国内の権力闘争とメディア統制を生々しく描き出した好著だ。

 著者の矢板明夫氏は、日本人在留孤児2世として身に付けたネーティブの中国語を駆使。産経新聞特派員として北京で2007年から16年末まで取材してきた。

 本書には、厳しい言論統制下で聞き出した多くの中国人の正直な証言がちりばめられている。しかもかつての文化大革命で吹き荒れた「狂気」の毛沢東崇拝と対比して、習近平の個人崇拝による体制強化と今後の行方を示唆し、日本の戦略を再考させ、具体的な提言もするタイムリーな「対中戦略本」でもある。

 折しも2017年12月、米国のトランプ政権は国家安全保障戦略を発表して、中国への警戒をあらわにした。「中国とロシアは米国の安全と繁栄を侵食することで、われわれのパワー、影響力、利益に挑戦している」という直截(ちょくせつ)的な表現は過去のどの政権も使わなかったものだ。しかも同文書は「『中国との関係構築の結果、中国は国際ルールを尊重する善意のアクターになる』という米国のこれまでの中国観の前提に再考を迫るものだ」とまで警告している。