日本海側の天気、大雪続く…平年の11倍も センター試験初日の13日も大雪に警戒を

雪の影響により、北陸自動車道の小矢部川サービスエリア付近に止まった車両=12日午前11時5分、富山県小矢部市
雪の影響により、北陸自動車道の小矢部川サービスエリア付近に止まった車両=12日午前11時5分、富山県小矢部市【拡大】

 強い冬型の気圧配置の影響で、12日も日本海側を中心に大雪となった。気象庁は、大学入試センター試験の始まる13日も大雪が続くとして、雪や路面凍結による交通障害、雪崩への警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、12日昼前の積雪は、新潟市が平年の約11倍となる78センチ、富山県氷見市が6.5倍の65センチ、北海道厚沢部町が2.5倍の100センチ。北陸を中心に平年の数倍となる地点が目立った。冷え込みも強まり、朝の最低気温が平年を下回る地点も全国的に相次いだ。

 気象庁の担当者は「ピークは過ぎた所も多いが、13日も大雪の恐れがある。近畿北部は14日も注意が必要だ」と話した。

 13日朝までの24時間に予想される降雪量はいずれも多い所で、北陸と近畿50センチ、北海道と東北、東海30センチ、中国地方25センチ、関東甲信20センチ、四国と九州北部10センチ。