日本海側低気圧が急速に発達、西日本各地でも積雪予想

 発達する低気圧の影響で、西日本では22日夕にかけ、東北と関東甲信などでは同日昼ごろから23日明け方にかけて、広い範囲で雪が降り、平野部でも大雪となるところがあるため、気象庁は路面凍結による交通障害への警戒を呼び掛けた。23日午前6時までの降雪量は東北と関東甲信は30センチ、北陸から中国にかけては20センチ、九州北部や四国でも10~15センチと予想されている。

 前線を伴った低気圧が日本列島の南側を進み、22日夜には日本海で別の低気圧が発生する見込み。23日からは日本の上空に強い寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置が27日ごろまで続くとみられる。

 日本海側の低気圧が急速に発達しながら北東に進むため、東北と北陸の沿岸部を中心に23日昼ごろから大雪となる恐れがある。北海道から北陸にかけては最大風速(最大瞬間風速)25メートル(35メートル)と予想されており、猛吹雪となるところもある。 日航は22日、午後に出発する一部の便の欠航を決定。午前8時半までに、羽田と大阪、徳島、松山、福岡、那覇を結ぶ計22便で、約4800人に影響が出た。日航は「便を減らすことで、他の便に影響が出ないようにした」と説明している。