気象庁の3カ月予報、東日本以西は気温低め

 気象庁は24日、2~4月の3カ月予報を発表した。東日本や西日本、沖縄・奄美では寒気が流れ込みやすく、気温が平年並みか低い見込み。降水量は西日本の太平洋側と沖縄・奄美で少なく、東日本の太平洋側でも平年並みか少ないとみている。

 気象庁によると、冬の間はシベリア高気圧の日本付近への張り出しが強く、春は大陸からの移動性高気圧によって、東日本以西で寒気が流れ込みやすい見通し。北日本の気温と降水量は、ほぼ平年並みと予想している。

 各月の予報は次の通り。

 ▽2月 北日本-西日本で冬型の気圧配置が強まりやすく、日本海側は平年に比べて曇りや雪、雨の日が多い。

 ▽3月 東日本と西日本の日本海側で、天気は数日の周期で変わる。西日本の太平洋側は晴れの日が多い。

 ▽4月 北日本と東日本で、天気は数日の周期で変わる。西日本は晴れの日が多い。