インフルエンザ猛威、推定患者数283万人と過去最多に


【拡大】

 厚生労働省は26日、全国約5千カ所の医療機関から1月15~21日に報告されたインフルエンザの患者数が、1医療機関当たり51・93人となり、前週(26・44人)を大きく上回ったと発表した。この一週間に全国の医療機関を受診した患者は約283万人と推計され、統計を取り始めた平成11年以降で過去最多となった。

 国立感染症研究所(感染研)によると、全都道府県で前週より患者が増えた。都道府県別では、鹿児島県86・53人と最多で、宮崎県84・97人、福岡県83・99人、大分県82・40人、佐賀県69・64人-の順で、西日本で大きく流行している。

 直近5週間の検査では、21年に新型として流行したA型とB型の割合がほぼ同程度と、B型の患者が増えている。また、小学校などを中心に7536施設が学級閉鎖や休校などの措置を取った。

 加藤勝信厚労相は会見で「外出後の手洗いやせきエチケットなど、さまざまな予防策に努めてほしい」と述べ、せきやくしゃみが出る人はマスクをして感染拡大を防ぐよう呼びかけた。