高収入に酔っている人は脇が甘い 豊かな老後が期待できる人の習慣 (1/3ページ)

画像はイメージです(Getty Images)
画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 「高年収ビンボー」と「低年収リッチ」はどこが違うのか。雑誌「プレジデント」(2016年11月14日号)では、それぞれにアンケート調査を実施。そのなかで「家計簿」について聞いたところ、「高年収ビンボー」な人ほど、面倒を丸投げしていることがわかった。家計を改善するにはなにが重要なのか。3人の専門家に聞いた--。

 月単位の収支の管理くらいはやったほうがいい

 「ストレスを理由にものを買ったり、飲みにいったりする人、自分へのご褒美が多い人は貧しい老後になる可能性が高い」

 ファイナンシャルプランナーの長崎寛人氏はそう指摘する。日々のお金の扱い方は人それぞれだが、意識せぬうちに後々の財産形成に大きく影響する。

 「自販機でためらいなく飲み物を買う、コンビニをよく利用するなど、小さな支出に無頓着な人や、月に2~3回サウナに入るためだけに数千円以上の会費を払ってスポーツクラブに入っている人など、お金の使い方が丁寧でない人も危険」(長崎氏)

 塵も積もれば、というわけだ。

 「小さなことだが、老後までの期間が長いほどムダが積み重なり、差を広げる。ありきたりだが、毎日は面倒でも月単位の収支の管理くらいはしっかりやらないと大変なことになる」(同)

 元大手銀行支店長でコンサルタントの菅井敏之氏が言う。

 「住宅、クルマ、保険、教育費は家計の多くを占める4大固定費。これが家計の70~80%を占める人は恒常的にお金が足りず、貧しい老後の予備軍。50%に抑え込める人は豊かな老後が期待できる」(菅井氏)

高収入に酔っている人は脇が甘い