北日本で猛吹雪の恐れ 5日にかけ、太平洋側中心

 上空に強い寒気が流入する影響で、北日本の太平洋側を中心に4日未明から5日にかけて大雪や猛吹雪になる恐れがあり、気象庁は3日、注意を呼び掛けた。国土交通省も車が路上で立ち往生するなど、交通に影響が出る可能性があるとして、不要不急の外出を控えてほしいとしている。

 気象庁によると、4日以降、北日本の上空に強い寒気が入り込み、同日午後6時までの24時間に北海道で60センチ、北陸で50センチ、東北、中国で30センチ、東海、近畿で25センチの降雪量が見込まれる。寒気の影響は8日ごろまで続くという。