西日本上空に氷点下12度以下の寒気 日本海側で大雪に警戒、交通障害などにも注意

 気象庁は5日、発達する低気圧や上空の寒気の影響で、北日本から西日本の日本海側を中心に6日にかけて大雪になるとして、路面の凍結や交通障害などに警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、北海道の西海上に発達中の低気圧が停滞。西日本の上空1500メートルには、平年より10度前後低い氷点下12度以下の寒気が流れ込んだ。寒気の影響は8日ごろにかけて続くという。低温による水道管凍結の恐れもある。

 5日午前6時までの24時間に降った雪の量は、滋賀県長浜市で50センチ、鳥取県大山町で40センチ、広島県北広島町で39センチなど。気象庁は東日本から西日本の太平洋側でも大雪になるところがあるとしている。

 6日朝までの24時間予想降雪量はいずれも多い所で、北陸地方70センチ、北海道と東海50センチ、近畿、中国40センチ、東北、甲信、四国、九州北部30センチ。