意外と知らない「受付嬢の就活事情」 選考基準に「顔採用」はある? (1/3ページ)

画像はイメージです(Getty Images)
画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

【元受付嬢CEOの視線】

 2月といえば、最も転職活動が活発になる季節。新年度4月入社を目指し、ひそかに転職サイトで新天地をリサーチしている方も多いのではないでしょうか。転職を考えている人にとって、エントリーしようかどうか二の足を踏んでしまう「壁」があります。それは「未経験職種・業界への転身」です。未知の世界にいきなり飛び込むのは相当な勇気がいります。ネットの口コミから情報収集しようとしても、ニッチな職種や業界だと情報も転がっていません。

 受付嬢の転職事情も、同じように謎に包まれています。一般的な職種の採用とどう違うのか、私もよく聞かれます。今回は、そんな「受付嬢の採用」について、私の実体験を元にお話したいと思います。(ディライテッドCEO 橋本真里子)

◆受付嬢に「顔採用」はある?

 企業受付の雇用形態は、どの企業でも基本的には「派遣社員」「業務委託」です。企業が受付嬢を正社員雇用しない理由には、「経営が悪化した時に受付嬢の雇用を維持するのが難しい」「受付嬢ができなくなった場合に、別の職種を用意することが困難」などがあります。

 受付嬢を雇用する会社から必ず求められる条件は「即戦力」です。ですので、募集要項の条件の部分に「第二新卒歓迎」「経験者優遇」という項目が並んでいることが多いです。

 第二新卒が好まれるのは、すでにビジネスマナーが身についているため。経験者を優遇するのも、即戦力としての期待が高いからです。

 「それ以外に求められるスキルは?」と聞かれると、正直ありません(笑)。

「顔採用」はある?