北陸や北日本、大雪に警戒

 気象庁は17日、低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、18日にかけて北陸と北日本を中心に大雪となる恐れがあるとして、雪や路面凍結による交通障害、高波への警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、北海道の西海上の低気圧が急速に発達しながら南東へ進み、北海道を通過する見込み。その後、日本付近は冬型の気圧配置が強まり、北日本の上空約5千メートルには氷点下42度以下の強い寒気が流れ込む。

 18日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で北陸70センチ、関東甲信60センチ、北海道と東北50センチ。

 北陸では17日夜遅くにかけ、北日本では18日にかけて、それぞれ雪を伴う非常に強い風が吹き、海上は大しけとなる見込み。18日にかけて予想される波の高さは北海道と東北7メートル、北陸6メートル。