ミネベアミツミ、65歳定年制導入

 ミネベアミツミは、4月1日付で子会社を含めた国内グループ全社で定年を65歳とする「65歳定年制」を導入する。ミネベアミツミは、すでに全社員が定年後65歳まで働ける再雇用制度を導入しており、積極的にシニア社員の戦力化を図ってきた。国内子会社の定年を65歳に統一することで、グループ全体としての一体感を高めるとともに、幅広い世代の社員の能力を最大限に発揮させていくのが狙い。